限定承認

相続人が相続によって得た財産の範囲内で被相続人の債務を弁済することを条件として相続することをいいます。相続人がこの方法を選択した場合は、被相続人の相続債務について相続財産だけから支払えば足り、不足する分を相続人の固有財産から支払う義務はありません。