配偶者の税額軽減

配偶者には、これからの生活資金や夫婦で協力して財産を築き上げてきたことが考慮され、特別に次の2つの内どれか高い方までの財産金額の取得であれば、税額軽減により税金がかかりません。配偶者控除と表現されたりしますが、正式には配偶者の税額軽減です。

・1億6,000万円

・配偶者の法定相続分