遺留分

特定の相続人に対して最低限保証されている、一定の割合の遺産のことをいいます。法定相続人のうち、配偶者、子、親、孫、祖父母に限定されますので、兄弟姉妹には遺留分は認められません。

遺留分は、法定相続の1/2になりますが、法定相続人が親だけの場合は、相続財産の3分の1になります。