相続時精算課税

生前に贈与をした場合には贈与税が軽減しますが、その代わりに相続のときには、贈与された財産と相続された財産を足した額に相続税がかかる、という制度です。この制度の適用対象は原則として、65歳以上の親から20歳以上の推定相続人である子、又は、孫への贈与に限られています。贈与しても、2,500万円までの財産には税金がかかりません。また、2,500万円を超えても、一律20%の贈与税がかかるだけです。