基礎控除

相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続財産が一定額を超える事によって初めて相続税が発生します。一定額以内であれば相続税が発生しない訳です。これを基礎控除額といいます。

基礎控除額は3,000万円+600万円×法定相続人の数となります。